トップ>MBA書籍: エキスパート向けMBA書籍

 

Menu

■ 入門者用書籍
■ 上級者用書籍
■ MBA留学書籍
■ 国内MBA書籍

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

↓登録はこちらから↓

(メールアドレス)

   

 

【目次】

 

第1部 経営戦略
第2部 マーケティング
第3部 アカウンティング
第4部 ファイナンス
第5部 人・組織のマネジメント
第6部 IT
第7部 ゲーム理論・交渉術

グロービスのMBAマネジメントブック。MBA(経営学修士号)のコアコースで学ぶエッセンスを網羅。現実のビジネスに活用可能な形で経営理論の要点をわかりやすく解説。また経営分析の手法と戦略立案のフレームワークに重点をおく。(「MARC」データベースより)

【目次】

序章……………戦略策定の要件
第1章…………全社戦略
第2章…………事業戦略
第3章…………[実践] 戦略的経営

グロービスの経営戦略。この書籍は実際の米ビジネススクールでのテキストや,ボストンコンサルティングなど著名コンサルティングファームの分析手法をベースにした概説書である。本場の米企業ではなく,身近な日本の著名企業を舞台にした豊富なケーススタディーにより,企業の経営戦略構築のやり方をわかりやすく解説している。 (ブックレビュー社)

【目次】

 

第1部 発展編―いまのマーケティング潮流を見る(顧客維持型マーケティング
同時進行型マーケティング)
第2部 基礎編―フレームワークを確認する(マーケティングの意義
マーケティング・プロセス)
第3部 実践編―マーケティングの考え方を実践する(市場機会の発見
顧客と製品に関する戦略
価格戦略 ほか)

グロービスのMBAマーケティング。経営学は「学問」ではなく、ビジネスの最前線で勝ち残っていくための「武器」だ。勝てるマーケティング戦略を身につけるための一冊。(「MARC」データベースより)

【目次】

第1部 ファイナンスの基本(キャッシュフロー、現在価値、インベストメント―投資のリストとリターン ほか)
第2部 ファイナンス概念の応用(企業価値、財務政策、資金調達)
第3部 これからのファイナンス(デリバティブ、証券化)
第4部 経営とファイナンス(経営戦略とファイナンス理論)

グロービスのMBAファイナンス。本書はMBAという名を冠しているが,ビジネススクールの教科書ではなく,米国流経営に関する網羅的な解説書である。従って,扱っている幅は「EVA(経済的付加価値)」のような経営指標論からデリバティブ,証券化といった金融技術まで幅広く,1冊でファイナンスに関する様々な分野について基本的な知識が得られる。(ブックレビュー社)

【目次】

第 1 部 財務会計
第 1 章……財務会計と会社を見る目
第 2 章……財務会計と経営方針

第 2 部 管理会計
第 3 章……意思決定の管理会計
第 4 章……組織管理の管理会計

グロービスのMBAアカウンティング。管理会計と財務会計の両方をカバーし、経営管理者として知っておくべきポイントをコンパクトにまとめる。バランスト・スコアカード、EVA、国際会計基準などの解説を新たに盛り込んだ、96年刊の新版。(「MARC」データベースより)

【目次】

第1章 「妥協の排除」が成長を生み出す
第2章 バリュー・イノベーションによる価値創造戦略
第3章 多角化と戦略的資産
第4章 高収益メーカーはサービスを売る
第5章 バーチャル・バリューチェーンによる事業創造
第6章 リビング・カンパニー
第7章 企業買収による成長
第8章 GEキャピタルによる事業統合のマネジメント

本書では、成長戦略をテーマに取り上げた。成長と存続は企業の「義務」とも言えるが、右肩上がりの経済成長が見込めず、企業間競争も激化するなかで、収益を上げつつ成長を維持することは、多くの企業にとって困難な挑戦となっている。そこで、多角化やM&Aなど、成長のための戦略が必要になってくる。それを紹介したのが本書である。(「MARC」データベースより)

【目次】

第1章 マネジャーの職務:その神話と事実との隔たり
第2章 リーダーとマネジャーとの違い
第3章 マネジャーとリーダー:似て非なる役割と成長条件
第4章 リーダーとして成長するために
第5章 高業績CEOが実践する五つの経営スタイル
第6章 マネジメントの人間的側面
第7章 リーダーシップの新しい使命
第8章 責任能力のあるマネジャーに何が起きたのか

ハーバード・ビジネススクールの機関誌『Harvard Business Review』の名著論文集。人を動機づけ、鼓舞し、導く立場にある人にとって永遠の課題であるリーダーシップに関する論文を厳選して収録。(「MARC」データベースより)

 

【目次】

◆ファイナンス機能が果たすべき役割
◆リスクを伴う投資の収益率を測定する
◆マーケットの効率性を三段階で見る
◆DCF法で投資を分析する
◆資本資産価格モデル(CAPM)でリスクを測り、投資の判断を行う
◆資本構成の重要性:モジリアニ・ミラーの命題は誤りか
◆モジリアニ・ミラーの命題で解く配当政策の重要性
◆オプション入門〔ほか〕

価値を生み出す戦略的意思決定!世界に門戸を開き、世界を相手にビジネスを行い、競い合っていこうとするいま、この「共通言語」なしにビジネスのコミュニケーションは成り立たない。(「MARC」データベースより)

【目次】
第1章 悪循環からの脱却
第2章 未来のための競争
第3章 過去を忘れる
第4章 産業の未来をイメージする競争
第5章 戦略設計図を描く
第6章 ストレッチ戦略
第7章 レバレッジ戦略
第8章 未来への構想を有利に展開する競争
第10章 コアコンピタンスを展望する、他

リストラでは21世紀の競争に生き残れない。10年後の顧客や業界の姿をイメージし、自社の中核企業力を伸ばして、未来の市場で主導権を握れ。「自社ならでは」の企業力を活かすノウハウ。(「MARC」データベースより)

【目次】

第1章 不測の事態をマネジメントする
第2章 予想された事態と不測の事態
第3章 マインドを高める五つのプロセス
第4章 たしかなパフォーマンスを発揮する能力の評価
第5章 組織文化と不測の事態
第6章 マインドの高いマネジメントを行うには

不測の事態にいかに対応するか。これは今日すべての企業に突きつけられた課題。原子力発電所や航空管制システムなどハイリスクな環境に身を置く組織を分析し、不確実性に対応できる組織マネジメントを紹介する。(「MARC」データベースより)

Copyright (C)  MBA Solution,Inc. All Rights Reserved