トップMBA講座>レッスン15

 

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

↓登録はこちらから↓

メールアドレス(PC)

 

 

 

 

Lesson 15 多くの組織が抱える問題点とは?


「レイナちゃん、現代の多くの企業は目まぐるしく変わる経営環境の中でどのようにすれば環境変化に適応できるかということに頭を悩ませているんだ。」

「そうね。技術革新のサイクルは本当に早くなっているし、消費者はテレビや雑誌、インターネットなどでいち早く情報を入手できるから企業側としてはそのような環境に適応するのは大変なことだと思うわ。」

「そうだね。このような時代では企業は過去のビジョンやそれを実現するために採用されたマネジメントの方式に従うようではもはや環境変化に対応できなくなってきているんだ。」

「やっぱり企業側も新しい時代には新しいマネジメント方法があるってことですね。」

「さらに、多くの大規模な組織ではルール優先の考え方がそこで働く人々に当然のように受け止められて、環境変化に対応して創造的に対処するという行動が取りにくい体質になっているんだよ。」

「マニュアル組織ってことですね。たとえば、商品やサービスに関するクレームをいれても『当社ではこういう決まりになっています』といって取り付く島もないこともあるものね。」

「そうだね。このようなルール優先の考え方が組織に蔓延してくると、組織内における分業のあり方が固定化して、人々は自分が担当している仕事の枠を越えて発想したり、行動したりするという姿勢を失ってしまうんだ。さらにルールが最優先されて計画されたものは厳密に実行されていなければいけないっていうマネジメントのあり方が重視されるっていうことにもなりかねないんだよ。」

「公務員なんかもそうだと思うんだけど、自分の仕事の範囲っていうのがきちっと決まっていて、決められた以外の仕事は絶対に手を出さないということがあるわね。企業がこんな状況になると、決められたことをやっていればいいということになって、その組織に属する人々は創造的な発想や活動をやめて生産性の向上だけを追求することになるわ。」

「その通りだよ。そのような組織ではトップマネジメントを含めて新たなビジョンによるマネジメントの重要性を認識できず、環境変化に対応できない体質を作り上げてしまうから注意が必要なんだよ。」


今回のポイント:

ルール優先の企業では当初に決められた活動の実践が最優先され、その組織に属する人々の創造的な発想や活動が行いにくいものになるの。そのような組織では新たなビジョンによるマネジメントが行われず環境変化に対応できない体質になるから注意が必要なのよ。

 

>>他の無料MBA講座を受講する

MBA講座講師プロフィール:安部徹也

大学卒業後、都市銀行に入行。米国MBA留学を経て、MBA Solutionを設立し、代表に就任。現在All About よくわかるマーケティングのガイドとしても活躍中。

 

【トップMBA一押し書籍】

更に企業における組織について学びたい方は『MBA通勤大学 ヒューマンリソース』がおすすめです。企業の組織戦略が簡潔にまとめられています。

詳しくはこちらで。


最新の『1日3分で身につけるMBA講座』はメールマガジンでお楽しみいただけます。お気に召さない場合はいつでも解除自由なのでお気軽にご登録をどうぞ。週1回、とっても役立つ情報をあなたのメールボックスにお届けしています。

↓登録はEメールアドレスのみの入力です↓

無料メルマガ『1日3分で身につけるMBA講座』登録フォーム

メールアドレス(携帯不可)  


 

Copyright (C)  MBA Solution, Inc. All Rights Reserved