トップMBA講座>レッスン22

 

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

↓登録はこちらから↓

メールアドレス(PC)

 

 

 

 

Lesson22 トップマネジメント固有の役割とは?




「レイナちゃん、今回はトップマネジメント固有の役割について学んでいこうか。」

「トップマネジメント固有の役割ですか?」


「そう。従来の考え方としてトップマネジメント固有の役割は企業における基本的な目的の決定とそれを実現するための製品−市場領域の選択にあるとされてきたんだ。ただその前提は、市場のニーズが判明していて、それを充足する戦略の代替案も明確になっているというものなんだけどね。」


「でも、現実には市場のニーズを把握するのは難しいし、戦略の代替案も不確定要素があるわ。」


「そうだね。レイナちゃんの言うとおり、アンゾフもこのような伝統的な考え方に対して、市場のニーズも戦略の代替案も初めから与えられているのは現実的ではないとして、いかに市場ニーズを的確に捉えて、それを達成する製品−市場戦略の領域を決定するかが企業家的決定の本質だとしているんだ。ここで意思決定のために必要な情報はすべて与えられるものではなく、限られた情報の中でトップマネジメントが意思決定の対象とするものこそが企業家的意思決定ということができるんだよ。」


「企業家的意思決定って不確実性のもとで行われる意思決定で、二度と同じ決定が行われることがないものでしたよね。」


「そう。従来のトップマネジメント固有の意思決定についても、もちろん限られた情報の中で行われるんだけど、それは確固たる計画システムによって行われるとされているんだ。そこでのトップマネジメントの主たる役割は、計画プロセスを強調し、明確な計画案を決定することだったんだ。」


「そのような考え方は『企業を取り巻く環境にあまり変化が無い』、『企業規模がそれほど大きくない』、『事業領域がそれほど複雑でない』という条件のもとでは妥当な考え方だということができるのね。」

 


 


【MBA講座:今回のTake Away】


■トップマネジメント固有の役割

1.基本的な目的の決定
2.製品−市場領域の選択


■トップマネジメントの意思決定に際する前提

(従来の主張)
→市場ニーズも戦略的代替案も明確

(アンゾフの主張)
→市場ニーズも戦略的代替案も不確定
→限られた情報でトップマネジメントは意思決定しなければならない(企業家的意思決定)

 

>>他の無料MBA講座を受講する

MBA講座講師プロフィール:安部徹也

大学卒業後、都市銀行に入行。米国MBA留学を経て、MBA Solutionを設立し、代表に就任。現在All About よくわかるマーケティングのガイドとしても活躍中。

 

【トップMBA一押し書籍】

更に企業における組織について学びたい方は『MBA通勤大学 ヒューマンリソース』がおすすめです。企業の組織戦略が簡潔にまとめられています。

詳しくはこちらで。


最新の『1日3分で身につけるMBA講座』はメールマガジンでお楽しみいただけます。お気に召さない場合はいつでも解除自由なのでお気軽にご登録をどうぞ。週1回、とっても役立つ情報をあなたのメールボックスにお届けしています。

↓登録はEメールアドレスのみの入力です↓

無料メルマガ『1日3分で身につけるMBA講座』登録フォーム

メールアドレス(携帯不可)  

 


 

 

Copyright (C)  MBA Solution, Inc. All Rights Reserved