トップMBA講座>レッスン23

 

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

↓登録はこちらから↓

メールアドレス(PC)

 

 

 

 

Lesson23 企業家的リーダーシップの必要性



「レイナちゃん、現代は企業の規模が拡大したり、事業領域がどんどん複雑化していくよね。このような状況に対処するために多くの企業は分業を効率的に実践するシステムの構築に躍起になっているんだ。」

「そうね。規模が大きくなったり、事業が複雑化すれば管理がたいへんだから企業にとってはそれは当然の結果でしょう。」


「ただ、このような状況ではトップマネジメントの役割はコンサルタントなど専門家によってつくられた計画を基に各部門に承認を与えることによって影響力を保持するという形式的なものになる傾向があるから注意が必要なんだよ。」


「そうすると、この場合トップマネジメントの最も重要な仕事は企業の限りある資源を各部門から上がってきた意見を基に割り振って、その後業績が計画通りに推移しているかをモニターすることって言えるわね。」


「そうだね。このような企業の枠組みの中では組織が創造的な方向に動くとは到底考えられないだろう。」


「組織っていうのは本来組織に属する個人の能力を100%以上引き出し、組織としてシナジーを生み出すことが目的だものね。」

組織の中で計画とコントロールが重視されるようになると、業務が計画通りに進行しているかということが重要視され、もし計画通りでなければ評価を減点主義で行うということになりかねないんだ。」


「そうなると、組織は本来の効果を期待するどころか、逆に人々は萎縮して自分の能力を最大限に発揮するどころではなくなるわね。」


「そうなんだ。だから現代のようなめまぐるしく企業を取り巻く環境が変化する時代は新しいトップマネジメントのリーダーシップが必要になってくるんだよ。」


「新しいリーダーシップですか?」


「そう。企業を活性化させるにはトップマネジメントが創造的に機能する必要があるんだ。このようなリーダーシップは企業家的リーダーシップと呼ばれているんだよ。」


「つまり、トップマネジメントは管理職である前に企業家でなければいけないってことですね。」

 


 


【MBA講座:今回のTake Away】


■企業規模の拡大、事業領域の複雑化に伴い、分業を効率的に処理するシステ
ムの構築を行う際の問題点。

1.トップマネジメントによる管理重視の経営が行われる。
2.人材の能力を十分に引き出せない。

(解決策)
トップマネジメントが創造的に機能し、企業家的リーダーシップを発揮する。

 

>>他の無料MBA講座を受講する

MBA講座講師プロフィール:安部徹也

大学卒業後、都市銀行に入行。米国MBA留学を経て、MBA Solutionを設立し、代表に就任。現在All About よくわかるマーケティングのガイドとしても活躍中。

 

【トップMBA一押し書籍】

更に企業における組織について学びたい方は『MBA通勤大学 ヒューマンリソース』がおすすめです。企業の組織戦略が簡潔にまとめられています。

詳しくはこちらで。


最新の『1日3分で身につけるMBA講座』はメールマガジンでお楽しみいただけます。お気に召さない場合はいつでも解除自由なのでお気軽にご登録をどうぞ。週1回、とっても役立つ情報をあなたのメールボックスにお届けしています。

↓登録はEメールアドレスのみの入力です↓

無料メルマガ『1日3分で身につけるMBA講座』登録フォーム

メールアドレス(携帯不可)  


 

 

Copyright (C)  MBA Solution, Inc. All Rights Reserved