トップMBA講座>レッスン4

 

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

↓登録はこちらから↓

メールアドレス(PC)

 

 

 

  

Lesson 4 業界の“うまみ”を知る-ファイブフォース分析

「レイナちゃん、前回は企業を取り巻く環境の内、最も包括的な『マクロ環境』について学んだよね。」

「そうね。『マクロ環境』っていうのは、『経済的要因』、『社会的要因』、『政治・法律的要因』、『技術的要因』などがあるってことだったわね。」


「そうだね。今回は次の『産業レベルの環境』について学んでいこう。」


「『マクロ環境』っていうのは経済全般を含めたものだったけど、『産業レベルの環境』はその企業が属する業界のことですね。」


「そう。企業は同じ業界の中で競争状態がどのようになっているかを分析するのはとっても重要なことなんだ。この『産業レベルの環境』では企業は『買手の交渉力』、『供給業者の競争力』、『代替品の圧力』、『既存業者間の競争』、『参入の脅威』という5つの観点から環境を分析しなければいけないんだよ。この5つの観点からの分析はハーバード・ビジネススクールのポーター教授が考案した業界分析のフレームワークで、ファイブ・フォース分析と呼ばれているんだけどね。」


「ファイブ・フォース分析か。企業を『買手の交渉力』、『供給業者の競争力』、『代替品の圧力』、『既存業者間の競争』、『参入の脅威』という5つの観点から分析するわけね。」


「そうだね。それじゃあ、ひとつひとつもう少し詳しく見ていこうか。まず『買手の交渉力』だけど、これは企業と買手の力関係を分析するものなんだ。たとえば、分析の結果、買手に多大な影響力がある場合、買手は値下げを迫ったり、もっと高い品質や優れたサービスの要求をしたりして、業界の収益性に大きな影響力を持つことになるんだよ。」


「そうね。買手の交渉力が強い場合はその業界は売値が買手に左右されて相対的に収益性があまりよくない業界と言えるわね。」


「そう。次の『供給業者の競争力』では、供給業者との力関係を分析するんだ。もし供給業者の影響力が相対的に強ければ、供給業者は強気に価格を上げるなどの圧力をかけられるから、この場合も企業にとっては収益性のマイナス要因になるんだよ。」


「最終価格に転嫁できない場合は確かに企業の収益は下がるわよね。」


「次の『代替品の圧力』では代替品が自社の製品にどのような影響を与えるかを分析するんだ。たとえばペプシコーラとコカコーラは直接の競合品だけど、オレンジジュースやコーヒーなどは代替品だろう。だから直接の競合品ばかりでなく、そのような代替品の動向まで詳しく分析する必要があるんだよ。」


「そうか。たとえばペプシコーラが値上げしたからといって、コカコーラもただ単に便乗値上げするんじゃなくて、代替品であるオレンジジュースやコーヒーの価格も考慮にいれなければ、消費者はぺプシコーラやコカコーラをやめて、それらの代替品を購入する可能性もあるってことね。」


「そうだね。次は『既存業者間の競争』だけど、これはライバル企業との競争の強さを分析するものなんだ。」


「競争が厳しければ収益の出にくい業界だし、競争がなければ収益性の高い業界と言うことができるわね。」


「そう。そして最後の『参入の脅威』では新規参入が容易かどうかを分析するんだ。」


「新規参入が容易であれば、利益出ると分かれば多くの企業が参入して競争状態になって、一気に収益性が悪化する可能性があるわね。」


「そうなんだ。ここで参入障壁として、参入に多くの資本を必要としたり、既にブランドが確立していたりする場合は新規の参入はより難しくなるってことなんだよ。」



「ふーん。このように業界を5つの観点から分析するとその業界の特徴が明らかになってくるわけね。」



今回のポイント:

『産業レベルの環境』は『買手の交渉力』、『供給業者の競争力』、『代替品の圧力』、『既存業者間の競争』、『参入の脅威』という5つの観点から分析するの。このファイブ・フォース分析によりその業界の持つ特徴が明らかになるのよ。


>>他の無料MBA講座を受講する

MBA講座講師プロフィール:安部徹也

大学卒業後、都市銀行に入行。米国MBA留学を経て、MBA Solutionを設立し、代表に就任。現在MBA Solution Business Collegeの学長を務める。

 

最新の『1日3分で身につけるMBA講座』はメールマガジンでお楽しみいただけます。お気に召さない場合はいつでも解除自由なのでお気軽にご登録をどうぞ。毎週、とっても役立つ情報をあなたのメールボックスにお届けしています。

↓登録はEメールアドレスのみの入力です↓

無料メルマガ『1日3分で身につけるMBA講座』登録フォーム

メールアドレス(携帯不可)  


 

 

 

Copyright (C)  MBA Solution, Inc. All Rights Reserved